けーいちとスワワのアストルティア冒険記

プクリポけーいちとエル子スワワの冒険記。 冒険記と言いつつほぼ日記。たまに考察したりツール作ったり。

Entries

  • (7/2)
  • (6/16)
  • (6/5)
  • (4/29)
  • (12/28)
  • (12/11)

タグ:自作ツール

みなさん今晩は、けーいちでござる。

ちょここがまた思いつきで、今度は「プクしばりジェネレーター」を作ると言い出したので、えっちらおっちら、こさえてみたでござるよ。

20140702_01

プクリポハンター・ちょここ:プクしばりジェネレーター公開!

一度、基本的な部分は作ってあるのでネタを変更するのはそう問題ではないでござるが、立て続けに似たようなものを公開してると、飽きられそうな気がするでござるなぁ。

ちなみに、種族を選べるようになったのは拙者の強いリクエストでござる。実際、作られたものを見ると「やみしばり」より「めいふのばんにん」が多いような…!?


もうしばらく、ジェネレーターはいいでござるな……└(゜ー゜ )┐

みなさん今晩は、けーいちでござる。

以前公開した「どわこジェネレーター」をきっかけに、あのドワお絵に定評のある、こさつねさんのどわおジェネレーターの作成をお手伝いしたでござるよ。

20140616_01

とりあえず、拙ブログにて公開させていただくことになったでござる。


どわこジェネレーターと同じ技術(HTML5のCanvas)で書いているので、おそらくはMac版のFIrefoxや、Android環境だとうまく動作しないのではないかと…m(_ _)m

これでみんなどわおになると良いでござるよ!

みなさん、今晩は。けーいちでござる。

まだver2.2になってログインしてないでござるが、仕事から帰ったらちょここが髪型データを用意してあったので、どわこジェネレーターを更新したでござるよ。

20140605_01

新髪型も試してみてね(`・ω・´)

みなさん今晩は、けーいちでござる。

ちょここが急に「どわこジェネレーター」を作ると言い出したので、久しぶりにプログラミング的なことをしてみたでござるよ。

dda7c41e.jpg
 
ばばーーん!

拙者のブログのメニューからもリンクしてるでござるが、ちょここのブログ経由で見てあげてくだされ。

プクリポハンター・ちょここ:どわこジェネレーター 正式版公開

HTML5のCanvasを利用して書いてみたでござるが、どうもMac版のFIrefoxや、Android環境だとうまく動作しないようでござる。こればっかりは手元に環境が無いのでいかんともしがたく…(・_・;)

これ使ってどわこ画像作ったり、アイコンに使ってくれたりをTwitterなどで知らせてもらえると、ちょここ共々大喜びでござる。

んで、折角Canvasの使い方を多少なりとも覚えたので勢い余ってこんなものもこさえてみたでござる。

daf9ccd6.jpg
覇王翔吼拳を使わざるを得ないジェネレーター

これを使って珍奇なセリフをリョウに言わせて遊んでね(`□´)

a3aed664.png

んではんでは~!(・ω・)ノ

みなさん今日は。けーいちでござる。

今回は拙者が以前、Amaretat名義で開発していた動画キャプチャー用のフリーソフト「あかねキャプチャー2」を紹介するでござる。元々は別のHPで公開していたでござるが、そちらのレンタル期間が終了してしまうので…。Vectorにも登録していたでござるが、規約が改定されてメールアドレスの公開が必須になったので、もう使わないでござる。

2edebcb6.jpg


特徴

・MFC/ATLで作成されているので、.NET Frameworkを必要としない。
・プロファイル設定がウィザード形式の為、分かり易い。
・独自クロッピングフィルターを内蔵。

あかねキャプチャー2について

・あかねキャプチャー2はフリーソフトウェアです。個人・法人に限らず自由に使用することができますが、著作権は全て作者が有します。
・本ソフトウェアの使用によるいかなる損害について、作者は一切の責任を負いません。

動作環境

・Windows XP SP2 以降
・Windows Vista 以降、または.Net Framework 3.0以降を導入したWindows XP SP2以降であれば、Enhanced Video Renderer(EVR)を使用出来ます。
・ふぬああが導入されていれば、録画時にHunuaa Avi Muxを使用出来ます。

ダウンロード


余談

最終更新が2011年9月なので機能的に相当時代遅れというか、キャプチャー関係で良いソフトがたくさん登場している今となってはこのソフトを使う必要性は低いでござろうな。「なんで更新しなのか」と問われれば、それはもちろんドラクエしてるからでござるよね…。拙者、その時に一番したいことしか出来ない性格なので…。

みなさん今日は、けーいちでござる。

今回は、現実の時間からアストルティアの時間を求める方法についてでござる。ver.2.0から少し仕様変更があったでござるが、その対応版でござるよ。

極限さんの情報によると、このような法則となっているそうでござる。 
  • 日本時間の0:00がアストルティアの0:00に対応。
  • アストルティアの1日は現実時間の72分。
つまり、現実の3分間がアストルティアでの1時間に相当するのでござる。

【アストルティアの「時」を求める】

1.日本時間で0:00を基準とし、何分が経過したかを求める。

 時 X 60 + 分

2.これを3で割れば、アストルティアで経過した時が分かる。余りは切り捨て。

 Math.floor( (時 X 60 + 分) / 3 )

3.アストルティアでは1日以上経過している可能性がある。今回求めているのは時計の時なので、24で割った余りを求める。

 アストルティア時 = ( Math.floor( (時 X 60 + 分) / 3 )  ) % 24

【アストルティアの「分」を求める】

時を求めるときに使った余りを使う方法もあるでござるが、分だけ個別に求めるほうがシンプルな気がするでござる。

1.日本時間で0:00を基準とし、何秒が経過したかを求める。

 時 X 3600 + 分 X 60 + 秒

2.20倍し、アストルティアでの経過秒数を求める。

 (時 X 3600 + 分 X 60 + 秒) X 20

3.これを60で割り、秒から分に変換する。余りは切り捨て。
 Math.floor( ( (時 X 3600 + 分 X 60 + 秒) X 20 ) / 60 )

4.アストルティアでは1時間以上経過している可能性がある。今回求めているのは時計の分なので、60で割った余りを求める。

 アストルティア分 = Math.floor( ( (時 X 3600 + 分 X 60 + 秒) X 20 ) / 60 ) % 60


これからアストルティア時計を作ろうとしている人の参考になれば幸いでござる。 

このページのトップヘ