提案広場…それはユーザーと運営を繋ぐ数少ないチャンネルの1つ。
スタッフのTwitterに突撃するのは論外でござる。

提案門広場などと心ない揶揄をする人間もいるでござるが、拙者はアストルティアをより良い世界とするために、素直な気持ちで提案を続けているでござるよ。まだメタッピーからしか回答もらったことないでござるけど!

拙者の提案広場投稿戦士としての道のりを振り返ってみるでござる。 

23e5f00e.jpg
 
「からだ下装備を非表示にする機能が欲しい」

理由は…秘密です。

aa39d3ae.jpg
 
「性転換玉」

使用すると30分間、性別が逆転する。体格、種族は変わらない。フェイスタイプは本来の姿と同じ位置のものが適用される。「こ、これが…オレ(アタシ)!?」ゴッコに使う。

キャラグラフィックの動的変更は既に教会で実装されているし、残タイマー表示なども元気玉で実装されているので技術的ハードルは低いかと思われる。話の整合は「周囲には従来の姿に見えている」で解決。

「ドワ子集会にドワ男が潜伏する」などお遊びアイテムだが、性別に対応して魅了を使ってくる敵(今はいない)を倒す時に役立つとアクセントが効いていて良い。

ご検討のほど、宜しくお願いします。

e6722538.jpg

「カメラのズーム範囲について」

v1.1よりカメラの移動範囲・ズーム範囲が大きく制限されました。Dからのコメントでは従来の仕様ではカメラが侵入禁止エリアに入ることがあり得る為、ということでしたが納得いかない点があります。

カメラの横移動、ズームアウトについては仰る通りでしょう。しかし、ズームインは自キャラの立ち位置が限界ですから、キャラが侵入禁止エリアに入れない以上、カメラも同様に問題ないハズです。

現状、アップの写真を撮るためには障害物を利用するなどテクニックが必要です。壁があれば良いですが、そうでなければ地面を利用するのでアルバムがローアングル写真でいっぱいになってしまいます。

このままでは破廉恥プクリポの汚名を着ることになってしまいますので、ズームインだけでも従来仕様に戻して頂きますようご検討お願い致します。

a8e6d9bc.jpg
 
「写真撮影時、オブジェクトが透過するカメラとの距離」

写真を撮影するとき、カメラがオブジェクトに接近すると対象が透明になりますが、カメラを引いてもなかなか見える状態に戻りません。拙い図で説明します。

 [カメラ初期位置]-----[A]-----[B]----[撮影対象]

撮影対象にカメラが接近した時、[B]の位置で対象が透明になったとします。ここでカメラを引いても[A]の位置まで戻さないと、見えるようになりません。[B]の少し手前で、見えるように戻って欲しいのです。

現在の仕様だと、最もアップで撮影出来る位置を確定する為に[A]と[B]の間を何度も行ったり来たりする必要があるので不便なのです。

邪な目的があるわけではありません。僕は、アストルティアに咲く小さな花々をマクロ撮影したいだけなのです。

以上、ご検討のほどよろしくお願いします。

341511d5.jpg

 「職人装備の再入手について」

職人ランクが上昇した時にもらえる職人装備ですが、現在は紛失すると再入手する手段がありません。これを何度でも幾つでも入手可能として欲しいです。

例えばギルドマスターに話しかけた時のメニューに「職人専用装備を買う」を追加するような形です。値段は多少、高額でも良いかと。

職人装備は取引不可ですから、個人がいくつ入手しても問題ないかと思います。ドレスアップに利用可能となれば、職人の誇りを胸に冒険に臨むことが出来ます。

個人的にはツボ錬金職人装備で背中を出した女の子が増えると嬉しいのです。

以上、よろしくお願いします。

1b1c81ea.jpg

しぐさ「スカートキャッチ」

しぐさ「スカートキャッチ」の提案です。

「スカートキャッチ」なる単語は存在しませんが、わかりやすくする為に造語しました。スカートの裾を両手でつまみ持ち上げて、ボールなどをキャッチするポケットを作る動作です。

スカート装備やマタドールの上だけを装備している場合など、実際に裾がもちあがりポケットを作ると良いと思います。それ以外の装備の時は、ただ腰元でグーを2つ作るだけになります。

スカートを持ち上げた結果、見えてはいけないものが見えるかもしれませんが、Ver1.2で追加されたベッドへ寝るアクションなどから、その程度の不都合に何ら問題ないことは実証されています。運営も安心のCERO-Aです。

とは言え、キャラクターは恥じらいの表情を浮かべる方がリアルで良いとおもいます。



この他にも色々と提案しているでござるが、なかなか運営からのアクションは得られないでござるね。そもそも「そうは思わない」が多すぎるでござるが。

クソッ! どうして誰も拙者のことを認めないでござるか!?


…胸に手を当てて考えたら、わかった。