魔物との争いが熾烈を極めていた。ここ、ドルワーム王国、ガタラ・水没地区の冒険者新兵訓練基地は、初心者マークがとれたばかりの若者を零から鍛え直す場所だった。


ドワーフマン軍曹
「貴様等、雌豚がおれの訓練に生き残れたら、各人が兵器となる……その日までは草ダンゴだ! 地上で最下等の生命体だ! 貴様等はドワーフではない! 魔物どものクソをかき集めた値打ちしかない!


「デブ、グズ、ノロマ! 落葉へ行く前に戦争が終わっちまうぞ、アホ! 狩り場で生き残りたいと思うなら、殺戮本能を研ぎ澄ますことだ! サポート仲間は道具にすぎん、殺しは鉄の心臓がやる! 冒険者は死ぬ! 死ぬために我々は存在する! だが、冒険者は永遠である!


「貴様らは厳しい俺を嫌う。だが憎めば、それだけ学ぶ。俺は厳しいが公平だ、人種差別は許さん! ドワ豚、プク豚、エル豚、オガ豚、エテ豚、魚を、俺は見下さん。すべて平等に価値がない!


「ダンゴ顔、名前は?」
ポツコン二等兵です、ドワ!」
「ふざけるな! 本日よりドワチャカボール二等兵と呼ぶ。いい名前だろ、気に入ったか?」
「ドワ! イエス! ドワ!」
「聞いてて驚くな、ドワチャカボール。うちの食堂では草ダンゴ定食は出さん!」


「クソダンゴが! 貴様だろ、臆病マラは!」
「ドワ! ノー! ドワ!」
「……自分であります、ドワ!」
「そっちのトロールか……勇気あるファッキン・旅芸人、ポツコン二等兵。正直なのは感心だ。気に入った、家に来て畑に水やりしていいぞ


「なぜ冒険者になった?」
「殺すためです、ドワ!」
バトマス志願か。すてみの顔をしろ! 殺すときの顔だ! ぬああぁッ! これがすてみの顔だ、やってみろ!」
「ぬあぁっ!」
「ふざけるな、それで殺せるか! テンション上げろ!
「ぬああぁっ!」
「迫力なし。練習しとけ」




本日をもって貴様らは草ダンゴを卒業する。本日から貴様らは冒険者である。兄弟の絆に結ばれる。貴様らのくたばるその日まで、 どこにいようと冒険者は貴様らの兄弟だ。

多くはレンダーシアへ向かう。ある者は二度と戻らない。だが肝に銘じておけ。冒険者は死ぬ。死ぬために我々は存在する。

だが冒険者は永遠である。

つまり―――貴様らも永遠である!



「逃げる奴はメタスラだ!! 逃げない奴はよく訓練されたメタスラだ!!」

「マザーウッドをよく殺せますね 」

「簡単さ!! 動きがのろいからな!!」